堀 文雄 クラシックバレエスタジオ     stage
バレエQ&A
Q バレエは何歳から始めたらいいですか?
 3歳から、踊りが好きならいつでも始め時です。小学生低学年までに始められると良いでしょう。遅く始めても熱心に取り組めば、きちんと上達します。
 
Q 週何回くらいレッスンをしたらいいいですか?
 幼稚園生なら週1回から、小学生になったら週2回のレッスンをおすすめします。週1回から徐々に回数を増やす方が多いようです。
 
Q トゥシューズのレッスンはいつごろからですか?
 小学3年生以上で、2年以上練習を続けられてきた方ならトゥシューズのレッスンが始められます。上達には個人差があるので、あくまでも目安です。
 
Q 発表会について
 年1回、春に開催します。発表会の振り付け、舞台演出を通し、表現する喜び、むずかしさを経験します。児童向けの創作バレエ(「不思議の国のアリス」「オズの魔法使い」など)、本科クラスを中心とした古典作品(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「コッペリア」など)様々な作品を上演しています。練習はクラスレッスン内で行います。
 
Q コンクールについて
 バレリーナ、バレエ・ダンサーを目指す方、より上達を目指す方のために、コンクールの指導も行っており、成果を上げています。コンクールが最終目標にならないよう、必要以上の競争に巻き込まれないよう注意しております。
 
Q バレエを練習する利点について
 バレエの技術の上達を目指すのはもちろんですが、バレエはすべての身体表現の基礎となっています。ミュージカル、新体操、フィギュアスケート、バトン、チアー、演劇、皆、バレエを練習するようにすすめられています。また、趣味で行う方、小さいお子さんも、美しい姿勢を作り、音楽性、リズム感を養うことができます。何よりも踊る楽しさを味わっていただきたいと思います。
 
Q フランス・スタイルとは?ロシア・スタイルなどとの違いは?
 フランス・スタイルの一番の特色はエレガンスと言われています。テクニックを過度に強調せず、詩情にあふれる優雅な動きを目指しています。優秀な踊り手を作り上げる目標は、ロシア・スタイルとも同じですが、アプローチは若干異なります。エキリーブルと呼ばれるコントロールされたバランス、優雅な体のラインを出すことを重視しています。